商品案内

企業経営

朝日新聞デジタル
  1.  津市から補助金をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた同市相生町の元自治会長、田辺哲司被告(61)の公判が11日、津地裁で始まる。事件の背景に、田辺被告が長年にわたり市職員らを「恫喝(どうかつ)」して謝罪させるなどの「行政対象暴力」があったとして、市側は調査を進める。なぜ市はそんな関係を断ち切れなかったのか。

     津市職員の男性によると、2018年の年明け、自治会長だった田辺被告に土下座させられたという。

     「三が日にあいさつせんで、すみませんでした」

     男性によると、「正月のあいさつがなかったと会長が怒っている。謝りに行かなあかん」と同僚に言われ、一度は拒んだものの、「こらえてくれ」と押し切られた。自宅で髪を丸刈りにし、幹部を含む市職員が4~5人いる前で、頭を床につけた。

     「『いつもみたいな謝罪』を同僚から要求され、謝らないと、上司や同僚もあれこれ言われる。めんどくさいでしょう」とこの男性は言う。

     自治会長は、地域住民の代表として市に要望を伝え、地域行事や防災の取り組みも任される。田辺被告は、13年に相生町の自治会長になった。ある住民は「街灯をLEDに換え、ごみ箱を新設してくれるなど、助かる存在だった」と振り返る。

     複数の市幹部らによると、市への影響力が強まったきっかけは14年のできごとだ。田辺被告が、市に過剰な要求を行う別地域の市民に謝罪を求め、役所内で土下座させた。職員らは「クレーマー」を抑えてくれた恩と、「自分も土下座させられるかも」という恐怖を感じたという。

    田辺被告は逮捕前の取材に「一般論として、謝る人には謝る理由があったんじゃないの」と話していました。記事の後半では田辺被告が取材に答えた内容のほか、津市の調査チームの中間報告の内容などを紹介します。

     「すれ違ったのにあいさつが…

    この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

    残り:1671文字/全文:2333文字

    【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

    Adblock test (Why?)

  2.  NTT東日本と西日本は9日、ワクチン接種の予約で電話の集中が想定される自治体の電話番号を対象に、携帯からNTT回線への接続を一時的に絞るなどの対応を強化すると発表した。10日は東西とも、それぞれ約100自治体の番号を対象にするという。

     6日午前にワクチンの予約とみられる電話の集中が原因で、東京都内で約2時間40分にわたって固定電話がつながりにくくなったことを受けた対応。特定番号への電話の集中が回線網全体に負荷をかけ、消防や警察への緊急通報ができなくなるのを防ぐためにNTT東日本が電話の着信制限を実施していた。病院や市役所などを含む固定電話全体が一時、つながりにくくなったという。

     11日以降も同様の対応を続けるという。NTT東は今回の対応について「回線網全体の負荷を下げるためで、接種の予約電話をつながりやすくするための対応ではない」としている。

    新型コロナウイルス最新情報

    Adblock test (Why?)

  3. 朝日新聞デジタルに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    Copyright © The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

    Adblock test (Why?)