商品案内

企業経営

朝日新聞デジタル
  1.  新型コロナウイルスの影響で大勢が集まる結婚式が控えられる中、オンラインでの結婚式が広がりをみせている。新郎新婦の挙式の様子をウェブで視聴したり、自宅で高級料理を味わいながらテレビ会議で祝福を送ったり。コロナ時代に、新たな婚礼スタイルが模索されている。

     全国に緊急事態宣言が出されていた5月9日、関東在住の会社員・山崎祐希さん(34)と妻の梨紗さん(34)は、結婚式場「原宿 東郷記念館」(東京)でオンライン結婚式を挙げた。実際に会場に足を運んだのは2人のほか、それぞれの親と新婦の妹夫婦だけ。高齢の親族や海外にいる友人ら約90人はウェブで参加した。

    拡大する写真・図版原宿東郷記念館では、結婚式の様子をライブ配信し、ウェブ参加者が祝福のコメントをすることができる=原宿東郷記念館提供

     神社での挙式の様子は、動画投稿サイトのユーチューブで配信し、参加者だけが視聴できる。ウェブ参加者から祝福のコメントが書き込まれた。披露宴はテレビ会議システム・Zoomなどでつなげて乾杯。事前に配達された三段重のふたを全員一斉に開け、画面越しに「おー」と感嘆の声が一斉にあがった。画像や音声の乱れは多少あったが、気にならなかったという。前日には、親族にログイン方法を丁寧に確認して、当日はスムーズに開始できたという。

     2人は当初、式の延期も考えたが、コロナ禍で、いつまで延期すればいいのかすらわからない。高齢の祖母のことも考え、オンライン挙式を選んだ。

     当初の想定より30人ほど多く…

    980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

    Let's block ads! (Why?)

  2.  経済産業省から持続化給付金の手続き業務を受託した「サービスデザイン推進協議会」をめぐり、実態がよくわからないという懸念が広がっている。

     野党議員7人が1日、協議会側から話を聞こうと事務所を訪れたが、職員は対応せずやり取りはなかった。事務所は東京・築地のビルの2階に入っている。議員によると明かりはついておらず、壁には「現在リモートワーク中です」と書かれた貼り紙があったという。連絡先としてはメールアドレスが記載されていた。

     議員側は5月29日に、経産省中小企業庁を通じて訪問に応じるよう要請していた。1日朝になって中企庁から「リモートワークのため職員はいない」と返答があったという。

     経産省は協議会に業務を769…

    980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

    Let's block ads! (Why?)

  3.  新型コロナウイルスの感染対策として、消毒液を噴霧して「空間除菌」を図ろうとする動きがある。だが拭き取りなどで物品を消毒する効果が確認された界面活性剤を含め、噴霧によって空間を消毒・除菌する方法は確立されていない。厚生労働省も「噴霧は推奨しない」との立場だ。物質によっては有害となる恐れもあるという。

    拡大する写真・図版経済産業省が次亜塩素酸水の噴霧についてまとめた資料。WHOの見解として「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない」と書かれている

     山梨県身延町は5月、公共施設と小中学校の各教室に2台ずつ、「次亜塩素酸水」の噴霧器を設置した。食品加工や医療の現場で使われてきた消毒液で、消毒用アルコールの品薄もあり注目されるようになった。

     しかし同27日以降は使用を中止した。安全を確認するためという。西日本の交通事業者も同21日以降、車内で次亜塩素酸水を噴霧していたが、使用中止を決めた。SNS上では「会社で次亜塩素酸水を霧状に噴霧している」「幼稚園再開のお知らせに『空気清浄機に次亜塩素酸水を加えて稼働』というようなことが書かれている」といった書き込みが相次いだ。

     経済産業省や厚労省によると、次亜塩素酸水は専用装置で作った溶液を物品などにかけ流して使うのが一般的だ。分解しやすく、時間とともに効果が薄れる性質があるためだ。「最終食品の完成前に除去しなければならない」という使用基準のもと殺菌料として食品添加物の認可も受けている。そして、新型コロナへの効果は調査中の段階だ。

     一方、家庭用洗剤に含まれる「…

    980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

    Let's block ads! (Why?)